シー・ズーを飼う上での注意点

シー・ズーは高温多湿が非常に苦手なため、屋外飼育には向きません。室内での飼育が基本です。泣き声が響かないため、集合住宅でもOK。室温は25℃前後に保つといいでしょう。お利口でお留守番もできる性格ですが、本来はペット用として繁殖された犬です。長い時間一人ぼっちにさせておくと、一時的に反抗的になる場合もあります。あまり寂しい思いはさせないように心がけてください。

シー・ズーのキャラクターを失わずに、いい一面を伸ばすような飼い方が望まれます。家庭では、長く飼えば飼うほど、ジャマにならず、家族の一員として一体化してしまうところに、魅力を感じることでしょう。多頭飼育にも向き、他の大きな犬とも遊べます。お子さんのいる家庭でも、他の小型犬に比べれば我慢強いところがありますので、飼育可能でしょう。

シー・ズーのコートは、一生伸び続けます。毛の手入れにちょぴり、手間がかかりますが、それを楽しむことの出来るような方が向いています。1日おきにブラッシングかコーミングをしてあげましょう。また、子犬の頃からグルーミングに慣れさせておくことが大切です。家庭での愛玩犬としてのみ飼育する場合は、バリカンやはさみなどで毛を刈ってあげてもいいでしょう。

ペット関連情報

RSS

Powered by All About

All About[ペット]
2017.03.25イースターとは?うさぎと卵が使われる理由と楽しみ方
2017.03.24猫が喜ぶマッサージの方法【図解付き】
2017.03.19うさぎは人間の言葉を理解するの?
2017.03.18一人暮らしモフモフにハマる?うさぎ「モフ充」の勧め
2017.03.11猫を多頭飼いするときの注意点
シー・ズーのケア
シー・ズー育て方のコツ
シー・ズーを飼う上での注意点
シー・ズーの運動
シー・ズーのお手入れ方法
シー・ズーのトリミング